土砂災害危険箇所等に関する緊急周知について

  • このページを印刷
 大雨による土砂災害は毎年のように全国各地で発生しており、8月には広島県で大規模な土砂災害が発生し、死者・行方不明者が70名を超える甚大な被害が発生しているほか、道内の礼文町でも死者や道路が寸断され孤立したりと、私たちの暮らしに大きな影響を与えています。
せたな町においても、土砂災害の恐れのある危険箇所が194箇所あり、そのうち土砂災害警戒区域が21箇所(うち土砂災害特別警戒区域が16箇所)あります。
今一度、町民のみなさんには自分の住んでいるところが「危険箇所」や「警戒区域」に位置していないか、再確認をお願いします。

詳しくはこちらをご覧ください ⇒ 土砂災害危険箇所等に関する緊急周知について