檜山圏域障がい者が暮らしやすい地域づくり委員会委員公募のお知らせ

  • このページを印刷
 北海道では、障がい者の地域での暮らしを支えるサービスに関することや、差別や虐待及び権利擁護に関することなどについて協議するため、平成22年4月1日に全道14の圏域に「障がい者が暮らしやすい地域づくり委員会」を設置しました。
 このたび、道民の方々とともに考え、広く皆様の意見を伺う等のため、次のとおり委員会委員を公募します。



1 応募資格
  檜山振興局で設置した地域づくり委員会の委員に応募しようとする方は、次の条件を全て満たすことが必要です。
 (1) 檜山振興局管内に居住する満20歳以上の方〔平成26年4月1日現在〕
 (2) 障がい保健福祉に幅広い見識と関心をもち、年数回開催する委員会に出席できる方
  ※ 国又は地方公共団体の議員及び職員、道職員であった者は応募できません。

2 募集する人数
 (1) 障がいのある方  2名
 (2) 地域住民 1名

3 委員の任期
  委嘱の日(平成26年4月1日予定)から2年間です。
※ 委嘱された方の氏名は公表されます。


4 応募方法
応募にあたっては、次の(1)と(2)の書類をまとめて、応募者が居住する檜山振興局あてに送付又は持参してください。
なお、提出する書類の作成にあたっては、点字又は代筆によることもできます。

 (1)応募用紙
   所定の応募用紙(別紙1)を使用してください。(点字による応募は自由様式です。)

◎応募用紙[PDF形式]



 (2)作文
   所定の原稿用紙(別紙2)を使用して、「障がい保健福祉の充実に向けて」をテーマとして、あなたが考えていることを800字以内にまとめてください。(点字による応募は自由様式です。)

◎原稿用紙[PDF形式]



※応募に必要な書類は、檜山振興局保健環境部社会福祉課及び道庁保健福祉部福祉局障がい者保健福祉課に備えているほか、檜山振興局及び道庁のホームページからもダウンロードできます。

 ◎ 檜山振興局ホームページ
 ◎ 道庁ホームページ


5 応募期間及び提出方法
  平成26年2月10日(月)~3月7日(金)(消印有効)までに、郵送又は持参してください。
※ 持参の場合は、平日の9:00~17:00の間に別紙の問い合わせ先まで持参してください。

6 選考
  選考委員会において、作文及び応募用紙記載内容を総合的に審査の上、選考します。
  選考結果は、3月下旬に応募者全員にお知らせします。

7 委員の仕事
 (1) 学識経験者等の委員とともに、障がい者の地域での暮らしを支えるサービスに関することや、差別・虐待・権利擁護などに関する課題や申し立てのあった事項について、当事者や参考人などから意見聴取を行い、問題の解決に向けて協議をしていただきます。
 (2) 個別の権利侵害等を協議する場合には、委員会は非公開となりますので、委員会内で協議されたことについては、秘密を保持していただくことになります。


8 報酬等
委員会に出席していただいた場合は、「北海道特別職職員の給与等に関する条例」の規定により、報酬及び旅費をお支払いします。


9 檜山振興局が所管する市町村及び応募先・問い合わせ先

 ・所管する市町村
  江差町、上ノ国町、厚沢部町、乙部町、奥尻町、今金町、せたな町

 ・応募先、問い合わせ先
   檜山振興局保健環境部社会福祉課
   〒043-8558
   檜山郡江差町字陣屋町336-3
   電話 0139-52-6651