国民健康保険税

  • このページを印刷

平成29年度税率

区分
医療分
支援金分
介護分
合算分
所 得 割
9.64%
3.21%
2.06%
14.91%
均 等 割
28,000円
9,000円
9,400円
46,400円
平 等 割
24,000円
7,600円
5,600円
37,200円
賦課限度額
54万円
19万円
16万円
89万円

※平成28年度に、医療保険分が「54万円」、後期高齢者支援分が「19万円」に賦課限度額が改正されました。

※後期高齢者支援金・・・後期高齢者医療にかかる費用のうち、被保険者が支払う窓口負担を除いた分を公費から約5割、被保険者から保険料として納めていただく分として1割、残りの4割を現役世代(0~74歳)に賦課し各保険者が負担します。この約4割負担分を「後期高齢者支援金」といいます。この支援金は国民健康保険加入者だけでなく、社会保険、共済組合などの加入者においてもご負担いただくこととなります。 

納期(普通徴収)

第1期
7月1日 ~ 7月31日
第2期
8月1日 ~ 8月31日
第3期
9月1日 ~ 9月30日
第4期
10月1日 ~ 10月31日
第5期
11月1日 ~ 11月30日
第6期
12月1日 ~ 12月25日

※納期の末日が土・日・祝日にあたる場合は、その次の平日が納期限となります。

国民健康保険税の特別徴収について

国民健康保険税の納付については、納付書又は口座振替いずれかの方法で納付いただいておりましたが、下記に該当する年金受給者は「特別徴収(年金天引き)」に変更となりました。
また、今までと同様に口座振替もできますので、ご相談ください。

■特別徴収の対象となる方

 世帯内の国民健康保険被保険者全員が65歳以上75歳未満の世帯主(擬制世帯を除く)の方で、次の①、②をともに満たす方が対象をなります。

 ①年額18万円以上の公的年金を受給していること。
 ②国民健康保険税と介護保険料の合算額が年金受給額の2分の1を超えないこと。

国民健康保険税における減免について

75歳以上の方が被用者保険から長寿(後期高齢者)医療制度に移行し、その被扶養者(65~74歳)が国民健康保険に加入する場合、新たに国民健康保険税を負担することとなるため、当分の間、国民健康保険税を減免します。
なお、国民健康保険加入届出により減免申請したものとみなして、職権にて処理しますので減免申請の必要はありません。

生活困窮、災害等で被害を受けた場合など、国民健康保険税を納めることができなくなったときは、減免制度がありますので、お早めにご相談ください。

①生活の困窮のため生活扶助を受けている者との均衡上、必要があると認められる方
②長期の疾病又は負傷などにより所得が前年に比べ著しく減少した方
③不慮の災害により、生活の基礎となる家屋又は家財等に重大な損害を受けた方
④冷害、凍霜害、干害等により農作物に被害を受けた方
⑤その他前各号に掲げる者との均衡上、町長が特に減免を必要と認める方


詳しい内容については下記担当へお問い合わせください。

お問い合わせ先

せたな町役場 税務課課税係・徴収係 TEL.0137-84-5111
瀬棚総合支所 住民係 TEL.0137-87-3311
大成総合支所 住民係 TEL.01398-4-5511