お試し暮らし住宅

  • このページを印刷

道外の方からの声

 せたな町を訪問して、自然の豊かさ、人の温かさに触れ、とっても気に入り、思い切って移住したいと考えています。でも、実際に住んでみて違ったという方も多いと聞きます。1か月程度の移住体験ができませんか。

短期滞在できます

 せたな町では、町外者の方に移住先を考える選択肢の一つとして、町の様子を知り、暮らしぶりを実際に体験してもらう機会を提供するため、短期滞在用のお試し暮らし住宅の貸し出しを行っています。  せたな町への移住を検討し、お試し暮らし住宅の利用を希望される方は、ぜひお申し込みください。

お試し暮らし住宅の利用条件

利用できる方
・せたな町への移住を検討している方
※転勤又は婚姻による移住者は除きます。
※せたな町でのお試し暮らし未体験者を優先します。
※せたな町在住経験者も含みますが、「新たに」せたな町に住むことを検討されている方を優先します。
・原則20歳以上の夫婦とその家族
※安全管理上の理由からお一人での利用はお断りしております。
利用期間
・2週間以上、3か月以内
※6・7・8月の利用は、最長1箇月となります。 (予約がない場合に限り、3か月の延長が可能)
※年度を超える利用は、ご相談ください。
※利用期間の始期及び満了日は、土、日、祝日及び年末年始の閉庁日以外の日とします。
※使用開始時間は、初日の午後2時以降、施設の使用終了時間は、最終日の午前10時までとします。
利用料金
・太櫓住宅(日本海沿いの漁村部):1,500円/日
・丹羽住宅(田園風景の農村部):1,500円/日

 *太櫓住宅は平成27年8月1日からオープンしました。
 *丹羽住宅は平成28年3月1日からオープンしました。
※電気料、ガス代及び上下水道料等込
※11月~4月は、冬期暖房料金+500円/日
特記事項
・ペットの持ち込みはできません。
・室内での喫煙は禁止します。
・備付電話はありません。
・携帯電話は3社(docomo、Softbank、au )利用可能です。
・インターネットは、北檜山区 情報センター、瀬棚区 図書センター、大成区 図書館で利用いただけます。(無料)
その他
・お試し暮らし住宅利用後に移住定住に関するアンケートの提出をお願いしています。
・利用条件等に関する詳しい内容は、「せたな町お試し暮らし事業実施要綱」【Word】、賃貸借契約書【Word】、賃貸契約についての説明【Word】をご覧ください。

利用可能日

お試し暮らし住宅の利用可能日については下記のカレンダー(googleカレンダー)をご覧ください。
 

ふとろお試し暮らし住宅 丹羽お試し暮らし住宅
太櫓住宅の外観 丹羽住宅の外観

申込方法

①受付は、先着順となります。ご希望の日に利用できない場合もございますのでご了承ください。(利用予定日の6か月前から予約受付します。)  
※6~8月については、先着順ではなく期間ごとの抽選となることもありますのでご了承ください。
②お試し暮らし体験住宅空き状況で事前にご確認のうえ、電話にて氏名、住所、電話番号、利用期間等をお知らせください。
③役場から電話で予約の事前承認を得た後、1週間以内にお試し暮らし住宅借用申請書に必要事項を記入の上、現住所地の住民票謄本(抄本)を添付し、郵送で申し込みください。

※お試し暮らし住宅借用申請書【Word】










主な備品

区分
備品等の名称
電化製品
テレビ、冷蔵庫、電子オーブンレンジ、炊飯器、洗濯機、掃除機
家具等
ソファー、座卓テーブル、食器用戸棚、食器一式、衣装ケース
調理器具
鍋、フライパン、まな板、包丁、おたま、ザル、ボウル、食器洗いカゴ、調理用ハサミ
その他
カーテン、清掃用具、座布団、室内物干し

※寝具はありませんので、持参もしくはレンタルとなります。  せたな町内では、てんまふとん店(0138-84-5051)、原ふとん店(0138-84-5209) にてレンタルできます。

様式ダウンロード

様式第1号 借用申請書.doc
様式第3号 賃貸契約書.doc
せたな町お試し暮らし事業実施要綱.doc
様式第4号 契約の説明.doc

お問い合わせ先

まちづくり推進課まちづくり推進係 TEL.0137-84-5111  移住定住担当:吉田、竹内